スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ: - ジャンル: | スポンサー広告 | page top↑
2000Hit記念絵。(4/30訂正) 【2008/04/30 17:42】
デイジー&パミー

昨日うpしてた2000Hit記念絵ですが、やっぱり何だか納得いかない部分あったんで、本日訂正。
つっても、変わったのは髪形だけです(爆)。それでも、ちょっとはマシになったかな?f(-.-;


・・・ってか、そんなチマチマした訂正ばっかやってんじゃねえよ、って感じですねorz
(↑実は、先日のりりさんへの誕生日イラストも、後から若干訂正して、コッソリ再うpしてた人;)

すいませんm(_ _;)m




↓以下、昨日と同じ内容。

【お知らせ】

昨日より、いよいよPQ始まりの物語、「PQⅠ」再うp開始しましたヽ(´▽`)ノ♪

今まで待ってた方いらっしゃるかわかりませんが・・・兎も角、遅くなってごめんなさいm(_ _;)m

さてさて、「PQⅠ:夢の中の魔道士~The Beautiful World~」なんですけれども、ハナシの中身の方は、アメーバの前ブログで掲載していたものと殆ど変りありません(加筆、訂正も若干ありますが;)。
ただ、今回の再うpに当たり、特別なことが一点。

なんと、




Gasutosoさんによる挿絵付きでお届けしちゃいます!!




ほんと、Gasutosoさんありがとう・・・・゚・(ノД`)・゚・。
取り敢えず現段階では、第一話の挿絵に加えて、扉絵まで、しかもそっちの方はカラーで描いていただきました!
兎に角、B@Lなんかよりも全然クオリティ高いイラストなんで、皆様、是非ご覧くださいませ!!m(_ _;)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Pokemon QuestⅠ:夢の中の魔道士~The beautiful World~(目次)


第二話以降の挿絵も、Gasutosoさんより戴き次第、随時掲載していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!
また、Gasutosoさんのイラストへのご感想も、どうぞ作品コメント欄にてお願いします人´∀`*)


※↓以下、コメント返信。
スポンサーサイト
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンイラスト | コメント(0) | page top↑
Pokemon QuestⅢ:砂漠の魔獣2~The Mystic Moonray~⑰ 【2008/04/28 21:34】
第十七話:三日月の化身(中編)
>>はじめから >>前回の話

ンゲがロコンに案内されて辿り着いたのは、赤いレンガで立てられた、洋館のような建物であった。屋根は煤けており、壁も苔むして、たいそう古い感じではあったが、里の端の方に位置するそれは、堂々とした佇まいで、まるでこの里全てを見渡しているように思えた。

「ここが、里長の館です」

ロコンが言う台詞は、ンゲには大体察しがついていた。また、その里長たる者が、いかなるポケモンであるのかも。

ロコンは再び後足だけで立ち上がり、前足で洋館の扉を開くと、ンゲに中に入るよう促した。ンゲはそれに頷き、一歩を踏み出す。彼にはもう、迷いは無かった。確かに、不審な気持ちも無かったわけではない。なぜこのように、自分の知らぬ者たちに、ワシは導かれているのであろうか。考えてもみれば、まだ敵とも味方ともわからぬ者たちだ。ワシはそれに、こう、のこのこと付いてきてしまったのだ。

それも、“三日月の化身”に縁のある者たちだ、預言の力によって誘われていると考えれば、納得もいく気がする。ただそれにつけても、自分の意思とは裏腹に、己の道が定められてしまうというのは、あまり気分の良いものではない。

しかしながら、人生どんなところにチャンスが転がっているやもわからぬのだ。もしかしたらいい結果になるかもしれない、そう思ったら思い切って飛び込んでみるのも一つの決断だと、そうコガラシに教えたのも、ンゲ本人である。そう、彼にとってはこれも自分の下した判断なのだ。ならば、もはや迷うべきものは何も無かった。

ンゲは、洋館の内部へと進み出た。エントランスはちょっとしたホールのようになっており、天井は高く、ユリの花を模ったようなランプが五つも付いた、洒落た感じの照明器具が吊るされていた。光源となっているものは勿論、魔道の力だろうが、それは外の街灯よりも明るく、温かな輝きであった。壁には様々な絵画が飾ってあったが、描かれているのは、ロコンの絵が殆どで、その他は全て静物画である。ロコンの絵画を見ると、そこに描かれているロコンたちは、実に様々な服を着ていた。ンゲをここまで連れてきたロコンが着ているエプロン姿の絵画もあったが、それは一枚だけだ。

そして、描かれているロコンの齢も、実に様々だった。生まれたばかりのロコン、よちよち歩きのロコン、野原を無邪気に駆け回る子どものロコン・・・そして、煌びやかなドレスに身を包み、すっかり大人に成長した様子のロコン。それはまるで、その絵のモデルとなったロコンの成長を、記録としておさめているような気がした。

モデルとなっているのは、ワシをここまで連れてきた、このロコンじゃろうか。ンゲは思ったが、わざわざ本人に尋ねるようなことはなかった。ンゲは、元々寡黙な老人なのである。

「この階段の上が、応接室になっています」

そんな寡黙な相手に対しても、相変わらず元気な声で、ロコンはンゲを案内しようと階段を駆け上がった。それに続いて老人も、緩やかなカーブを描くその階段を登る。上へ辿り着くと、両開きの石の扉が現れた。ロコンは前足で扉を奥に押すと、扉は重々しく、ぎぃぃぃぃっ、という古く軋んだ音を立てて開いた。

そして、扉の向こうでは、幅広のテーブルの奥のソファの上で、ンゲの思った通りのポケモン、キュウコンが、ちょこんと座っていた。

「ようこそ、大魔道士。あたしが、この里の長、メランクサだよ」

砂漠で自分を助けてくれたあの黄金の魔道士を前にして、ンゲは恭しく礼をする。

「お招きいただき、とても光栄です、メランクサ殿。私、名をンゲと申します」

「ははっ、なんだい。そんなに急に改まることないさ。長といっても、単に歳を喰ってるだけのこと。王様ほど偉くはないよ」

相変わらずの口調で、彼女は言う。そして、傍に寄るよう、ンゲを手招きした。

「ささ、手前の椅子に腰掛けるといい。道中、疲れたことだろう。かやめ、お客さんにお茶を出しておやり」

メランクサの言葉にロコンは、かしこまりました、と言うと、扉の外へ駆け出した。石の扉は、開いたままだった。

「・・・おい、かやめ!扉を開けたままだよ!」

しかし、その声は本人には届かない。その状況に、メランクサの前の席に腰掛けようとしていたンゲは、再び立ち上がり、扉を閉めてやった。

「ははっ、可愛い娘じゃないか」

と、顔に僅かばかりの笑みを浮かべ、ンゲは言う。メランクサは苦笑しながら、しかしこう言った。

「かやめは、あたしの娘じゃないよ。ただの使用人さ」

それは、予想外の答えであった。ただの使用人・・・ならば、あのエントランスホールに飾ってあった絵画は?あれらは、あのロコンを描いたものではないのか?

少し疑問は残ったが、ンゲはただ、そうか、と言うに止まった。別に、大した問題ではないだろう。今は、それよりも大事な話がある筈である。

ンゲは、メランクサの前の椅子の上に、ゆったりと腰掛けた。持っていた杖は、横に立てかけて置いた。メランクサは、そんなンゲの動作を、赤く輝く目で見つめていた。その目は、まるでルビーの宝石のような輝きを持っている。見つめ返せば、そこへ吸い込まれてしまうのではないかと思うほど、透き通った美しい目であった。

ンゲは、改めてメランクサの容姿を見た。黄金の輝きを持つその姿は大そう艶やかで、若々しささえ感じられるようであったが、キュコンの毛が黄金ということは、それはそのキュウコンが、かなりの高齢であることを示している。恐らく彼女は、初老である自分よりも、遥かに長い年月をこれまで過ごしてきた筈だ。

彼女であれば、きっと“三日月の化身”以外にも、様々な知識を持っているに違いない。ひょっとしたら、砂漠の魔獣についての情報も、彼女は持っているのかもしれない。いや、そうに違い無い。そんな確信が、ンゲの心の中で芽生えた。

と、メランクサはフッと微笑み、口を開いた。

「あんたには、多くの悩みがあるようだねぇ、大魔道士ンゲ」

ンゲはそう言われて、ハッとし、些か赤面した。まるで、自分の心を読まれたかのようであった。否、読まれているに違いない。なにせ相手は、強い“じんつうりき”の持ち主なのだ。

「まぁまぁ、そう慌てることはないさ。一つ一つ、順を追って説明していこうか・・・大丈夫、時間はたっぷりある」

余裕のある表情でキュウコンは言い、テーブルの下から細長い煙管を取り出し、金色の雁首に丸めた煙草を入れ、指を弾くだけでそれに火をともした。そして、ゆったりと煙草を吸い始める。

ンゲは黙って、その様子を見つめていた。時間はたっぷりある・・・確かに、三日月が昇るまでには、あと一日の猶予があるが、それにしてもくつろぎ過ぎではあるまいか。僅かに憤りも感じずにはいられないような状況ではあったが、彼女が自分から話し始めるまでは、ンゲは何を言うこともできなかった。心が読まれている以上、こちらからは何も訊く必要が無いのだ。

すうっ、と、長い溜息を吐くように、メランクサは煙草の煙を吐き出す。吐いた煙は、バニラのような甘い香りがした。

やがて、応接室の扉が開き、ロコンのかやめが、湯気を湛えたティーポットの乗った盆を持ち、入ってきた。はい、どうぞ。ンゲの前にカップが置かれ、紅茶が注ぎ込まれると、まろやかな香りが広がる。ロコンの毛とそっくりの色をした、オレンジペコーであった。

ありがとう、一言言ってンゲがそれを飲むと、かやめは何やら、緊張した面持ちで、その様子を見守っている。

怪訝な顔をするンゲに、メランクサは言った。

「かやめの紅茶、美味しかったかい?それとも、イマイチかい?」

「・・・あ、あぁ、勿論、美味しいとも・・・」

言うと、かやめはようやく安心して、にっこりとした笑顔を作った。・・・むぅ、若いというよりもこのロコン、少し幼いような印象である。やはり、自分と異なるポケモンの歳を、外見から判断するのは難しいということか。

「メランクサさま、次は何を致しましょうか!?」

と、彼女はとても無邪気な顔で、主人に訊ねた。すると主人は、そうだねぇ、と暫く考えた後、

「そうだ、ピアノを弾いてくれないかい?」

そう言って、部屋の置くに置いてあった、グランドピアノを指し示した。

「ピ、ピアノですかぁ~っ!?そ、そんな・・・お客様の前で、恥ずかしい・・・」

「何言ってるんだい。客がいるからこそ、弾かせるんじゃないかい。ささ、日頃の練習の成果を見せておやり」

かやめを、ピアノの元へ送り出すメランクサ。かやめは、やはり使用人では無く、ただ親からに言いつけられた幼い娘のように、しぶしぶとピアノの前の黒い椅子に腰掛け、ピアノの蓋を開くと、前足を鍵盤の上に置いた。

そして、緊張した面持ちで、すぅっ、と一つ深呼吸をすると、かやめはピアノを弾き始める。ゆったりとしていて、心が澄み渡るような音楽。それは、森の中にある静かな湖の情景を思い起こさせた。

「おぉ・・・これは、これは・・・」

ンゲは、後に続く言葉が無かった。ロコンが、小さな前足を器用に使いながら、ピアノを演奏している風景は、彼にも信じられないものだった。

「・・・勿論あの子は、鍵盤には触れていないよ」

と、その信じられない光景を説明するように、メランクサは言った。

「ロコンの前足でピアノを弾くなんて、無理な話さ。だけど、“じんつうりき”の力を借りれば、何とかなる」

・・・成る程、やはりそういうことか。しかしそれにしても、幼くしてあれほど器用に“じんつうりき”を使いこなせるというのは、充分な凄さを感じられる。かやめの作り出す音は、まるで目に見えない透明な粒となって空中に浮かび上がっては、ぱっと弾けて、きらきらとした輝きをそこらに振りまくようであった。

かやめの音楽が一通り続き、一度転調して、それから再び最初の小節に戻ったころだった。ようやくメランクサは、テーブルの灰皿の上に煙草の灰を落とすと、口を開いた。いつの間にやら、かやめの持ってきたティーポットも、すっかり空になっていた。よほどンゲは、喉が渇いていたのだろう。

「預言の話、魔獣の話・・・色々訊きたいことがあるようだけど、全てを語るには、まず、そうだね。この話から始めようか」

そう言ったメランクサは、何かに思いを馳せるように、天井を仰ぎ見た。それは、大昔の追憶に浸るような、はたまた、小説にあった情景を空想するような様子であった。

「今から何千年も前の話・・・この砂漠は、海に沈んでいた」

かやめの奏でるピアノの音は、ポーンと空中に跳んでは、弾けた。灰皿から昇る煙は、徐々に細くなり、消えていった。中に紅茶の残らないティーポットからは、もう湯気は出ていなかった。長旅の末、大分疲弊した魔道士の体も、本当は早く活動を休め、眠りに落ちることを望んでいたが、しかし彼の意識はそれとは全く正反対に、とても冴え渡っていた。

そして、何百年と生きてきた里の長は、これからこの砂漠の誕生の物語を語り始める。魔道士の中で今、それらの物語を真摯に受け止める体勢が、滞りなく整っていたのであった。


かつて、この砂漠は海に沈んでいた。それは、何百年と生きてきたキュウコンが生まれるよりも、ずっと昔の話、つまり、伝説によるところの話である。

伝説によると、砂漠の誕生には、海底火山の噴火が切欠となったとされているが、もちろんそれは切欠であって、原因と呼べるほどのものではない。海底火山が噴火したところで、島が出来ることすら稀な現象なのだ。ましてや、噴火の一つで海が砂漠と化すことなど、ありえない話であった。

しかし、そのありえない話が現実のものとなった・・・海底火山の噴火を切欠として。もちろん、先程も述べたように、切欠は切欠に過ぎない。原因は、他にあった。

それこそが、魔獣の誕生にあったのだ。

魔獣は、噴火した海底火山より突如生まれ出で、その恐ろしい咆哮によって、辺りの海を一気に干上がらせたのだという。そして、海底に手を突っ込むと、まるでそこから巨大なカブでも引き抜こうとするように地面を盛り上げ、大地を作り上げたのだ。

魔獣によって作り上げられた土地は、しかし直ぐに砂漠と化したわけではない。もともとそこにあった水は、干上がると水蒸気となって空に集まり、巨大な雨雲と化した。そして、集中的な豪雨をそこに降らせると、生まれたばかりの大地を、再び水の中に沈めようとしたのである。

雨は、何日、いや、何年、何十年と、延々降り続いた。魔獣は、折角作り出した大地が再び沈められることに、憤りを覚えた。そして、戦ったのである。前に海を干上がらせたときのような咆哮を、今度は雨雲が覆う天に向かって発すると、雨雲を散らそうとした。雨雲は、直ぐには消えてくれなかった。寧ろ、徐々に膨れ上がっていこうとしているとも思われた。が、魔獣は諦めなかった。雨が何十年と降り続ける中で、魔獣もまた、延々と叫び続けたのであった。

そして、最終的にその戦いに勝利を収めたのは、魔獣である。さんさんと照りつける太陽がようやく天に現れると、雨によって一時潤った大地は、瞬く間に枯れはて、砂漠となっていったのだ。

それが、砂漠が生まれるまでの全ての流れであったが、それらの戦いによって力尽きた魔獣は、とうとう砂漠の中心で、倒れたのだという。

巨大な魔獣の骸は、時を経ると、砂に埋もれ、今は、はるか地中深くに眠っているのだ。

「・・・成る程、古文書にあった通りだな・・・」

ンゲは言った。“大地生まれしとき、それは魔獣が吠えしとき。その咆哮の後、土が地表を覆い、魔獣はその下で長年の眠りへと臥す”・・・。

「まったく・・・信じられないハナシだろう?あたしだって、信じられないさ。そんな伝説上のバケモノが、実在するなんて・・・しかも、一度死んだのに、蘇るだなんてね・・・」

キュウコンは、再び煙管の雁首に煙草を詰め、火を点けると、深く吸った。

「しかし・・・“預言者”は、それを預言したんだ。何百年も前の、あの日・・・」

煙を吐きながら、メランクサは言う。相変わらず、“じんつうりき”で直接心に伝える声で。便利なものだと、ンゲは思った。

「あんた、かやめから聴いたね。“預言者”は、この里に生まれし魔道士であったという話は」

こくりと、ンゲは頷く。キュウコンは、それからまるで、幼馴染の友人について語るように、“預言者”の話を始めた。

「とても・・・頭のいいコだった。そして、魔道士としての素質も高かった。皆の、憧れの的だった・・・」

いや、本当に幼馴染の友人なのかもしれない。メランクサは、再び天井を見た。その思考は、遥か何百年の過去のことを顧みているようである。

「・・・“預言者”はね、預言の力だけじゃあなく、他の魔道士にも無い、とくべつな力を持っていたんだ。わかるね、アンノーンと語る力だ」

成る程。ンゲは思った。“預言者”の作った古文書には、アンノーンが封じ込められていた。そして、里の壁画も・・・あれも、預言者の書いたものだと言われたが、やはり預言には、アンノーンが深く関わっているようだ。

「・・・いや、もっと厳密に言えば、アンノーンこそが“預言者”を生み出したと、そう言ってもいいね・・・」

なんだって?ンゲは、不思議な表情をせざるをえなかった。メランクサの言葉の意味が、直ぐには理解できなかった。アンノーンが“預言者”を生んだ・・・何かの比喩表現だろうか、それとも・・・。

しかし、それ以前に魔道士は、アンノーンというポケモン自体について、まだ知識が浅かった。それを酌んだメランクサは、まずその話から始めることにした。

「アンノーンは、この世界の開闢以来からずっと存在し続けているポケモンさ。その生態については、あたしたちも詳しいことはわからない。けれど言えるのは、彼らが、あたしが生まれるよりも、もっともっと前、開闢(かいびゃく)の頃に誕生し、神々の戦いを傍観してきて、それを今に伝えているということだ」

「神々の戦いを・・・傍観?」

思わず、ンゲも声を漏らす。メランクサは頷き、煙管を口に銜えた。

「さっき話した、この砂漠の誕生にまつわる伝説も、なにも妙な宗教家がでっちあげた作り話ってワケじゃない。全て、アンノーンたちが伝えてきたものなのさ。そして、“預言者”が古文書に記した、“大地生まれしとき・・・”から始まる言葉も、それは唯一、あのコの預言じゃない、アンノーンが伝えてくれた昔話のようなんだよ・・・」

メランクサの話を、全て真摯に受け止めるつもりだったンゲも、あまりに信じがたい事実に、うろたえざるを得なかった。開闢以来より生き続けるポケモン、アンノーン・・・そして、彼らの言葉を理解し、伝えたという預言者。これまで長く生き続けてきたと自分では思っていた魔道士であったが、まだまだ世界には、自分が知らないことが多いのだということを知った。やはり世界にとっては、自分ひとりの存在など、ちっぽけなチリの一つに過ぎないのだと、そう痛感せずにはいられなかった。

「・・・そしてあのコは、アンノーンたちと語っていくうちに、妙なことを口走るようになったんだ。最初は、誰もそれが預言であるとは思わなかった。アンノーンとばっかり話していて、とうとうアタマがおかしくなったんじゃないかとも思われていた・・・でも結局は、あれがあのコの発した、最初の預言だったってわけだ」

煙を吐きながら、メランクサは再び、“預言者”の話に戻った。やはり、昔を懐かしむような、そんな語り口調である。

「・・・“土の上に生まれたある一国の王が死すとき、土の上は混沌が支配する。そのとき再び魔獣目覚め、土を枯らし、世界は砂漠と化すなり”、か・・・?」

話が前後し、ややついていけなくなりそうになるンゲ。かやめの音楽も、いつの間にやらアレグロテンポの曲に変わっていた。相変わらず冷静なのは、煙草を嗜むメランクサだけのようである。

「・・・最初は、そんな具体的な預言じゃなかったよ。もっと漠然としたものさ・・・“世界が砂に沈む”。ただ、それだけさね。知っているだろう?あのコの預言は、少しずつ、少しずつ具体化されていくんだ。まるで、物語でも描くようにさ。少しずつ、少しずつ、構築されていく・・・いつも、そんな具合だったね。そして、預言の更新が行なわれるのは、なぜか決まって、月に一度、三日月の晩・・・」

だがそんなメランクサも、灰を落とすと、煙管をテーブルの上に置いた。ようやく吸い飽きたのか、それとも、それが次の展開へと移る合図のようであった。

「・・・どうして三日月の晩なのか、わかるかい?」

彼女は尋ねる。それは、“預言者”が“三日月の化身”だからではないのか?とンゲは思ったが、その理由までは考えなかった。何も答えられないでいると、メランクサは続けた。

「あたしがさっきも言ったろう・・・“預言者”は、最初から“預言者”だったわけじゃない。そして、“三日月の化身”と呼ばれるようになったのも、ずっと後のハナシさ。あのコは、生まれてから成長する間は、あたしたちと同じ、普通の魔道士だった。そして生涯、そのまんま生きていく筈だったんだ」

アンノーンが、“預言者”を生んだ・・・その言葉の意味を、メランクサは今、解き明かす。

「あのコは、一度死んだんだ。そして、生まれ変わったんだよ、“預言者”として、そして“三日月の化身”として、ね」

「一度・・・死んだ・・・?」

ポケモンが、一度死んで、別のかたちとなって生まれ変わった・・・つまりは、そういうことなのだろうか。いったい、なぜそのようなことが・・・?

「一つには、アンノーンの力だと言われている・・・アンノーンが、“預言者”として、あのコの魂を借りたんだ。勿論、実際アンノーンにそんな力があるのかはわからない。ただ、あたしたち魔道士が考えた可能性の一つを言っているに過ぎないよ」

そして、もう一つの可能性は・・・。言いかけて、彼女は一呼吸置いた。かやめは相変わらず、跳ねるような調子の曲を演奏していた。

「“月”の力さね」

・・・成る程、だから“月の化身”というわけか。ンゲは理解した。月には、不可思議な力が宿されていると考えられている。ポケモンには、月の光を浴びて体の傷を癒す者や、また、その力によって進化する者もいる。中には、そこから生まれ出でたポケモンもいるぐらいだ。ならば、一度死んだポケモンが、月の力によって、また別の姿の生き物へと形を変えることがあっても、何ら疑問ではない。

どちらの説も、なるほどと思えた。しかし今重要なのは、どちらが正しいかということではない。重要なのは、“月の化身”が、一体何者であるのかということであった。けれども、それに関しては、メランクサはこう言った。

「あのコが何者なのか・・・それは、あたしにすら答えられない疑問さね。生きている頃はまだ、あたしのよく知るコだった・・・。今、あのコがどういった理由で“月の化身”なんかになったのか、そして、どんな意志を持っているのかもわからない。ただ、月に一度預言を行なうだけ・・・ただそれだけの、機械のような存在になってしまったのさ」

・・・では、いったいどうして、その魔道士は死んだのじゃ?ンゲはそう訊ねようとしたが、そうすると、彼女は首を横に振った。なんとなく、質問を拒まれているように感じ、彼はなにも言えなかった。

「・・・ただ、言えるのは、あのコの預言が、真実であるということだ」

メランクサが、口を開く。その表情は、先程までの落ち着いた表情とは打って変わって、真剣であった。ピアノの音が、ディミヌエンドしていく。

「そして、あたしら里の魔道士は、その預言を追い求める者を導くことが、目的なんだよ。あんたのように、古文書によって選ばれた魔道士をね」

“古文書自体が、貴殿を待っていたのだ。今こそ予言が必要だというとき、そのときにあの古文書は、自分から貴殿のもとへ、現れたのだ”――今、魔道士の頭の中に蘇ったのは、ブーバー王の言葉であった。やはり、王のあの台詞は、真実であったのかと、ンゲは思った。

演奏を終えたかやめが、ピアノから立ち上がった。そして、緊張した表情のまま、メランクサに顔を向ける。それを振り返り見た主人は、両前足を高く上げて、拍手するようにパンパンと叩いてみせた。

「いい演奏だったよ、かやめ。大分上達したじゃないか」

言うと、使用人は糸が解けたような安心した表情になり、それからニッコリと微笑んだ。

「・・・お茶、また淹れてきますね」

かやめは、そしてふたりの元へ来ると、ンゲの前の空のティーポットを盆の上に置き、言った。

「あぁ、新しい客人の分も頼むよ」

と、メランクサは戸口を見ながら言う。魔道士も思わず後ろを振り返ると、いつの間にか開いていた石の扉の向こうには、新たな魔道士たちが立っている。

「長様、大変お待たせいたしました。そして大魔道士さま、お会いできて光栄です」

そこにいたのは、サーナイトと、それに寄り添うようにして立つ幼いキルリアだった。

「デイジー、お勤め、ご苦労だったね。そしてパミーも、相変わらず元気そうで、何よりだ」

「おヌシらは・・・里の魔道士たちか?」

はい、その通りでございます。礼儀正しく、サーナイトは答える。

「デイジーと、その娘のパミーだ。あんたを里へ連れてくる前から、ここへ来るよう、呼んでいたんだよ」

一体、どういう者たちなのだろう。それを問おうとすると、サーナイト本人から紹介があった。

「大魔道士様の滞在の間、我々がお世話をさせていただきます。大分、お疲れのことでしょう。私たちの家で充分お休みを取っていただき、明日の晩、我々が大魔道士様を、“預言者”様の元までご案内させていただきます」

・・・成る程、導く、というのはそういうことか。

「しかし・・・それは、かたじけない話じゃの。ワシのようなおいぼれが、わざわざ厄介をかけさせてもらえるとは」

「何をおっしゃいます!あなた様の名は、この里でも、偉大なるお方として轟いております。そんな方をお世話させていただけるなんて、我々にとっても大変名誉なことです」

ンゲの台詞に、サーナイトのデイジーは、にこやかに答える。その裾のところで、娘のキルリア、パミーは、何だか人見知りするように、もじもじとしている。しかし母親に、さぁパミー、あなたもご挨拶なさい、と言われると、彼女もンゲに向かって、スッと手を差し出した。

「おぉ、おぉ、可愛い子じゃの・・・」

ンゲも穏やかな表情になり、その手を握り返す。だがその瞬間、パミーの表情が突然、何か深い悲しみに包まれたように変化した。ンゲが何事かと思ってその手を離すと、彼女はいきなり、魂が抜けたように、その場に崩れ落ちた。

「・・・パミー!?いったい、どうしたの、パミー!?」

母親は、慌てて娘の体を支えた。突然の出来事に、ンゲも何が何やらわからない。そして、先程お茶を淹れに部屋を出ていたかやめも、戻ってくるや否や、その状況に驚いて、盆を落としてしまった。カップやティーポットが割れなかったのは幸い、熱い紅茶が盆の中に少し零れ、湯気を立てた。

「慌てなさんな、大したことじゃない。気絶しただけだよ」

その状況下においても、冷静なのはメランクサである。

「・・・い、一体、何が起きたんじゃ?ワシが、何かマズイことでも・・・」

恐らくは、騒ぎを起こした当人であろうンゲは、当惑の表情を浮かべてメランクサを見る。彼女は、しかし彼を咎めるような顔はしていなかった。相変わらずの冷静な顔で、こう答える。

「あんたは別に、何もしていない。・・・でも、マズいには、マズいね。理由は、自分で考えるんだ」

そして、再三煙管に煙草を詰め、火を点けて銜えると、こう言ったのだった。

「預言を追い求める者を導くのは、あたしら里の魔道士の仕事・・・だけど、あんたの迷える心は、自分自身で導かなくっちゃならないね」

>>第十八話
テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学 | 連載小説 | コメント(0) | page top↑
とりあえずコメント返信。 【2008/04/26 23:32】
そろそろコメント返しさせていただきたいと思います;
遅れてしまってごめんなさいm(_ _;)m

↓その前に、またもや過去絵の再うp。

WANTED!!


再うpできる絵が沢山あるのっていいよね♪

手抜き更新できるから・・・じゃなくて(爆)

振り返ったときに、以前こんなに沢山イラスト描いてたんだなぁ、なかなか頑張ってたなぁと思えるのが良いです。

取り敢えずこの絵は、ペンタブ購入時に初めて描いた記念すべき第一号CG絵だったりします・・・
Pixiaすら使えてなくて、水彩LITEという遊び感覚なカンジの、子供向け?なソフトで描いたんですが、初めてにしてはなかなかよいデキ・・・(と、当時は思ってた)。
背景のレンガは、後でPixia使って付け足したものです。


追伸1:
そろそろPQⅢ十七話、完成させんとアカンですね('A`)
取り敢えず今、3,868字・・・
↑途中経過とか発表せんでいいよ;


追伸2:
GWは、実家九州に帰ることになりました・・・多分、5月2日から。
学校は、6日にまた始まるんで、あんまし長く滞在できないなぁ・・・とか思ってたんですが、例の二次試験が、地元の会場で、12日に行なわれるという・・・('A`)

な ん と い う い っ た り き た り !!(爆)

・・・新幹線嫌いです(ノ∀`)

※↓コメント返信は以下。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンイラスト | コメント(1) | page top↑
りりさんへ贈る。 【2008/04/25 03:24】
メイドロコン?かやめちゃん。

深夜に失礼します、B@Lですf(´∀`;


4月24日はりりさんのお誕生日ということで、前々から、お祝いのイラスト差し上げようと準備していたのですが・・・



結果、当日には間に合わず・・・orz





はい・・・3時間ほど遅刻してしまいましたが、深夜アニメ等を観つつ、何とか完成させた次第でございます;

(「図○館戦争」とか、「ソ○ルイーター」とかね・・・あと、「コマ○チ大学」もだし;)



ちなみにモデルは、PQの読者の方々ならばわかったと思いますが、メランクサさまの召使?みたいな役回りさせていただいているロコン、かやめちゃんでございます。

本文では一応、着ているものは「エプロン」とゆー設定でしたが・・・
もう、メイドさんでよくね?みたいな(ノ∀`)
(↑お前のシュミはやっぱそっちかwww)


この画像はりりさんのみ、ブログ転載など、ご自由にどうぞです。



追伸1:
あ、かやめちゃんのリボン、涼宮ハ○ヒのリボンと同じ色だ・・・
色塗ってから気付いた;
↑無意識。


追伸2:
申し訳ありませんが、コメント返信はまた、後日とさせていただきます;
・・・今日はもう寝ます(ノ∀`)
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンイラスト | コメント(2) | page top↑
品川の夜は寒かった・・・(爆)。 【2008/04/23 23:42】
どーも、B@Lです、三日ぶりです;

最近、長くやってたブカツを辞め、新たにサークル活動やり始めたんですが・・・←って、就活はどうした;


昨日、その活動の一環で東京行ったところ、




帰りが遅くなり、終電に間に合わずに品川で足止め食らうハメにwwww




(・・・しかし、一人ぼっちじゃなく、もう一人サークルメンバーが一緒だったことは、少し慰められましたな;)



はい、で、今朝方始発で帰ってきましたよ・・・(ノ∀`)

それでいて、授業もマジメにちゃんとこなしてきたという・・・聴講の授業なのに。
その代わり、今朝の朝食はリポD(爆)。





今も、だいぶ目がしぱしぱしてる状態ですが、お知らせもあるんで、ブログ更新させてもらいます。

(ちなみに、「水曜日の実験室。」の方も本日更新。久々に新作短編載せてます。)



はい、お知らせというのは、他でもありません。

本日、B@Lの就職試験の一次筆記試験の合格発表だったのですが、



結果、見事、一次試験突破致しました!!




・・・ありがとうございます、ありがとうございます!・゚・(ノД`)・゚・。
これも、偏に、皆さんの応援があったお蔭かと思います・・・





うん、でも、まだ喜ぶのは早い、という事実が・・・



二次試験が、来月の初旬に待っているという・・・orz


今度こそ、マジで自信無いっす(ノ∀`)
個人面接はともかくとして・・・集団面接とか、どう対処したらいいわけwww


しかも、もう一つ心残りなこと。
一次試験の受験日に、小論文の試験も同時に受けたのですが、その小論文の点数は、一次ではなく、二次の特典として換算されると言う、恐ろしいシステムが・・・∑( ̄□ ̄;ノ)ノ


つまり、筆記試験突破できたとは言え、小論の方は、まだ結果が見えていないということで・・・
小論、ネタ何にも無かったから、大分アホなこと書いて、やらかしてしまった希ガス(ノ∀`)

果たして、面接で点数が取り戻せるのだろうか;




ちなみに、一次試験の合格者人数と、最終的な採用人数を照らし合わせると、倍率的には20倍でした・・・

書類審査の頃から比べたら、約1/5まで減ったとはいえ、とても高校受験、大学受験の比じゃないっすよね('A`)


はうぁー・・・これから、本当の戦いが待っている気がするなぁー;



まじで、ここまできたからには合格したいです;
そして、早く緊張感から解放された生活に戻りたい・・・orz
↑しかしながら現在、ブログやサークル等で、色々現実逃避ぎみなのも事実;


これからも、応援宜しくお願いします・・・m(_ _;)m





↓オマケ。

真昼の月。

真昼は、お月様は寝てるんだよ、みたいな。

見方によっては、ルナトーンがプテラよりもスゲーでかいような気がするなぁ;


ちなみにこれは、私の牧場ではなく、以前のりさんの牧場にお邪魔した際、撮らせていただいた写真です。



※コメント返信は、また後日とさせてください;
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(5) | page top↑
今週のB@Lさん反省会; 【2008/04/20 23:58】
最初に言っておきますが、小説の更新は、再び延期とさせていただきます・・・(ノД`;

うん、こうなることは大体、自分でも予想できてました・・・
(↑だから、15日の発表では「変更の可能性アリ」って書いてたんスけど;)



やっぱり間空くと、続き書くのってタイヘンですわorz

間に時間が空けば空くほど、ネタは仕入れてこれるんですが、空き過ぎると今度は、ネタが頭の中でゴチャってくるんです;

ここから一つ、教訓デスネ;



ネタは薄いウチに吐け。

(「鉄は熱いうちに打て」風に。)



大体、書くこと決めてたつもりなんですけれど・・・うぅん、それがうまくまとめられない現状、凄くもどかしい(´Д`|||

取り敢えず、現段階ではまだ文字数にして、2,168字。
・・・一見、充分書けてるようにも見えるんですが、内容的にはまだ出だしの部分でございますA(´∀`;

よぉし、頑張って明日には仕上げられるようにしておこう・・・;
(↑でも、明日になってちゃんと更新できるかどうかは未定;)




あと、15日に自分に立てていた目標(?)。
一応、9割がたは達成できたつもり・・・(爆)



ゲームもやりまくったし! ←って、いつも通りだけどな!

小説も読んだし! ←大江健三郎の作品読んだ・・・って、短編一作だけだけどww

お絵かきもやったし! ←17日の更新で掲載・・・ってアレ、殆どトレスだけどwww←オイ!

久々にPQの続きも執筆したし! ←結局更新延期してるけどなwwww



・・・はい、リストアップすると改めて、「これって目標?」って疑問に思うようなフザけた内容ですが(ノ∀`)
↑絶対、就活とかやってない人wwww

まぁ、気になる就職試験、一事選考の結果発表は3日後ということで・・・色々ナーバスになりかけてる頃でございますorz




「おい、気をしっかり持てよ、B@L!!
人生、まだまだこれからなんだぞ!!」

(↑天からの声)




・・・うん、まぁ、水曜日、結果がダメだったときは、このブログでは適当にスルーしときますんで、皆様ご協力くださいませ;



あと、大江健三郎の短編(現在、「死者の奢り」を熱読中)、流石ノーベル賞作家だけあって、重厚で奥深いです(´Д`;
でも、使われてる漢字が古過ぎて読みづらいwwww




↓さて、今日の牧場ネタ。

ディグダの下半身って・・・

ギラティナ可愛い・・・じゃなくて(汗
そのアタマにご注目くださいませ。


・・・突っ込んだら負けだと思いつつも、やはり突っ込まずにはいられなかったんですよ(爆)。

そんな風にディグダ乗せられたら、益々ヤツの下半身がどうなってるか、わからんようになってまうやんって(´Д`;

勿論、ダグトリオを乗せたときも同様でございます、えぇ・・・。


※↓以下、コメント返信。(「牧場」の追加画像アリ)
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(3) | page top↑
管理人交流バトン 【2008/04/18 23:59】
管理人交流バトン

如月つららさんから回していただきました人´∀`*)

・・・毎度のことながら、回答するのが遅くなって申し訳ありませんです;

↓そして本日の牧場一枚はコチラ。

ハガネール探検隊。

ハガネールにぞろぞろ付いていくポッチャマ、そしてキマワリのグレイスくん・・・(りりさん寄贈)。

・・・すげーほのぼの(´Д`*



★正直に答えてね。


▼管理人歴はどれくらい?
前、「ポケモンの小説を書くブログ。」(アメーバ版)は、既に一年以上更新しておりましたが・・・


・・・や、やめよう、もうそんなん思い出すのはorz



今年2月から始めたばかりのブログです。
これから、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m


▼名前の由来は?

アダ名が「バル」なんで、それをペンネームっぽくアリファベット表記してみました☆


しかし「@」マークにゃ、意味なんて無いんだぜ・・・!



▼何人と直メした事ある?

14人。

・・・メモリ見たら、登録件数意外と多くて、自分でもビックリA(´∀`;



▼何人と直電した事ある?

直電は二人だけ;

・・・しかし、Wi-Fiコネクションを使ってのボイチャも含めると、もっと多い・・・

現に今日も、志度さんと大分長いこと話しこんでましたA(´∀`;

凄いよ・・・一時間以上!?


これで、志度さんとはマブダチ同士っすね( ̄▽ ̄+


↑・・・サーセン!勝手なこと言ってサーセン!(爆)
ただのキモい兄さんと思われてて結構ですんでorz



▼何人友達が出来た?

・・・みんなトモダチさっ☆


・・・うん、そう思ってるの、自分だけだったりしてA(´∀`;


ここからは質問は消してね。あてはまる管理人様の名前を書いてね。

1、りふぁさん
2、えぇ、そりゃもう、皆様っすよ!(汗
3、志度さん
4、俺(爆)
5、アルトさん
6、M2さん(主にポケモン交換などで・・・←オイ;)
7、いそのさん(爆)
8、俺といそのさん(爆)
9、アベンシさん
10、俺orz
11、私より他にイラスト描いてる方々皆!(´Д`*
12、・・・答えづらいわ;皆とも言えるけど・・・一方通行だったら嫌だし(´Д`;
13、のりさん
14、如月つららさん、円田きちさん
15、・・・わかりません。
16、皆様!
17、体育会系ちょっと来い。
18、皆様ですわ~(/ω\*←ってか、早くオフ会企画進めたい;
19、わかりません。
20、わかりません;
21、わかりませんorz


・・・ちなみに、つららさんの回答では、私は9番に確答されてました人´∀`*)
ありがとうございます!

・・・それだけが取り柄ですから(何;


▼管理人様に一言
皆さん、ホントに仲良くしていただいてありがとうございます・゚・(ノД`)・゚・。


▼ここに名前が載った人は強制です☆やってください
↑・・・って、勿論忙しい方はスルーで結構ですとも;



※質問の内容は以下↓
続きを読む
テーマ: - ジャンル:小説・文学 | バトン | コメント(5) | page top↑
「牧場」のケンタロスを描いてみた。 【2008/04/17 18:03】
どうも。リハビリ週間入ってます、B@Lです。

最近できた兄弟ブログ、「水曜日の実験室。」も、週イチで更新中。
よかったら、こちらのほうもどうぞご贔屓にm(_ _)m

ケンタロス。

さてさて、本日は「牧場」にてディフォルメ化されたケンタロス(英名:TAUROS)を、牧場で撮った写真を元に、描いてみました。

ディフォルメ化されても、雄々しいその外観は健在。
そして、夜の牧場にひとり佇む、この構図。

ハァ・・・惚れ惚れしちゃう(´Д`*

↑※決して、自分で描いた絵を自画自賛してるわけではないです・・・「牧場」のグラフィックのことを言っているつもりですので悪しからず;




ケンタロスといえば、先日、「みてみて☆クラブ」という怪しげなクラブ会員の一人、ケンタさんの牧場に誘われたのですが。

あばれうし牧場。

↑コチラ、ケンタさんの「あばれうし牧場」の写真。

見ての通り、ケンタロスばっかり。

画面後方に映っているのが、牧場主のケンタさんです。
ケンタさんの顔も、ケンタロスそっくりですね。

あと、ケンタロスの角が浮いているように見えるのは、仕様です(爆)。


怒れるケンタロス。

ケンタロスの動きに注目していると、突然、一匹が頭の上にアニメチックな蒸気を噴出しながら、「とっしん」を始めました。

写真では伝わり難いと思いますが、物凄いスピード・・・!

ケンタロスの「とっしん」。

ぶつかられた他のケンタロスは、「ポ~ン!」とこれまたアニメチックな音を出して、ふっとびます(笑)。

右にいるケンタロスは、突き飛ばされて鼻まで地面にめりこんでますね(ノ∀`)

・・・しかし、このケンタロス、いったい何に腹を立てているのか!?

その怒りは、止まることを知らないのか!?



おねむなケンタロス。


・・・しかし、日も暮れると、何事も無かったかのように眠り始めるケンタロス・・・

散々暴れまわっといて・・・なんてやつだ(ノД`;



こんな風に、ポケモンによって、特別なモーションが用意されているのも、「牧場」の面白いところデスナ。





ところで、最近某所で話題になっているネタですが。

「牧場」のパレード中、降って来る紙吹雪の中に、ピカチュウ型の紙吹雪が混じることがある。

・・・ということで。

実際、私も探してみたのですが・・・

※↓以下、結果報告。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンイラスト | コメント(1) | page top↑
取り敢えずポケトレにハマる俺。 【2008/04/15 20:11】
どうも、三日ぶりの更新となりました、B@Lです。


取り敢えず、日曜に一次試験が終わってホッと一息・・・というか、大分ダレてます;


デキがどうかは兎も角として、
結果の発表は、8日後・・・(4月23日発表)。

それまでの間は、現実逃避したい気持ちでいっぱいなんデスガ(爆)。



取り敢えず、今週はめいいっぱい、好きなことやろうと思います。



ゲームやりまくるぞ! ←いつもやってんじゃねーかww

小説も読みまくるぞ! ←図書館から借りてきた読みかけの本、三冊ww

お絵かきもやっちゃうぞ! ←リハビリ、リハビリww

久々にPQの続きも執筆しちゃうぞ~ヽ(´▽`)ノ♪ ←おせーよww



と、いうわけで、PQⅢ第十七話は、4月20日(日)更新予定です。(変更の可能性アリ;)

どうぞお楽しみに(=ω=.)ノシ




で、本日の牧場写真↓

色違いメリープ♂の「マコ」。

色違いマクノシタ、♂「アッシャー」、♀「セニョリタ」。あと、やまね。

先日のラクライに続き、またまた色違いですが(爆)。


昨日、今日、ポケトレ連鎖でGetしたコたちです。

上:メリープ♂の「マコ」。

下:マクノシタ♂の「アッシャー」(上)と♀の「セニョリタ」(下)。あと、アンガールズのヤマネ。


この色違いの三匹を捕まえるのにどれ程の時間と労力を費やしたことか・・・というハナシは省きます;←省けてない。

それより、今日しょこたんとの入れ替わりに来た客の、アンガールズヤマネ、
似てるか似てないか、また微妙な・・・←コラコラ;

うむ、取り敢えずアンガールズらしく、身長が高いことだけはわかった。
マクノシタ二匹重ねたよりも高いとは・・・

(※だが、実際の大きさを比較すると・・・マクノシタ二匹で2メートル、山根1.8メートルで、マクノシタ二匹の方が高い)



※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(1) | page top↑
『あの子のこともっと知りたいバトン』 【2008/04/12 13:39】
明日、就職試験です;

あんま合格する気しないけど、頑張って受けてこようと思います・・・
↑消極的だな、おい;

試験終わったら、またポケセン行こうかな、とも思ってましたが、流石にスーツで行くのもなぁ、と思えてきた俺が(ry

・・・取り敢えず、オフ会みたいなのはまた別の日に組みなおしたいと考えておりますので、ご了承くださいませ。
・・・って、参加希望する方が、またどれ程いらっしゃるやは不明ですけどf(^_^;)

↑寂しいナァ・・・独り相撲だったら(汗




取り敢えず、本日もバトン消化。

レイジ@トゲアリさんから回ってきました。

『あの子のこともっと知りたいバトン』




1.そんな6人にバトンを回す(回す人を最初に書いておく)

今回もフリーです、すいませんm(_ _)m



2.お名前は?

「B@L」と書いて、ばると読む。



3.おいくつですか?

精神年齢12歳以下(爆)。



4.ご職業は?

「作家です」

・・・と、言えるようになりたい・・・
↑将来的に;



5.好きな異性(同性でも可)のタイプは?

「同性でも可」なのか・・・(爆)




やっぱ、童顔好きですね、童顔(´Д`*

・・・小池徹平くんみたいな!

↑同性www



6.特技は?

ラップ。

↑それ、昨日も書いてたね;



7.資格、何か持ってますか?

英検2級

普通自動車免許(AT限定)


・・・履歴書に、この二つしか書けない(ノ∀`)
↑もっと資格取ろうぜwww



8.悩みがありますか?

悩みがありすぎること自体が悩み。



9.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

・・・何か、このご質問だけ、丁寧なお尋ねの仕方をされてますわね;

・好き…米

・嫌い…「特に無い」と書きたいが・・・漫画「もやしもん」に出てくる発酵食品の類は、殆ど俺にも食える気はせんわwww



10.今、広い意味で恋をしていますか?

「就職活動」という名の恋愛の真っ最中です('A`)



11.貴方が愛する人へ一言

男は黙ってサントリーの(ry



12.回す6人の他者紹介を簡潔に

フリーです、すいません。



13.質問なし

無いのかwww

じゃあ、撮りためてる牧場写真でも晒してみます↓

ニコチャンマーク



14.願いが1つだけ叶うとしたら、何を叶えますか?

願いは自分で叶えるものだぁっ!!!

↑はいはい、口だけ言ってなさいよ(´∀`)



15.貴方のお気に入りのCMは何ですか?

君の瞳は一万ボルト☆


・・・うん、大分昔のCMなんだ(ノ∀`)
知らないコは、お父さん、お母さんにきいてみようね!



16.最近ときめきを覚えた対象は何ですか?

買い物の途中で見かけたぬこ。

茶色のアメショーでした・・・

アメショー萌える(´Д`*



17.最近調子どう?

まぁ、それなりに、げんきです。



18.最近の嫌なことはなぁに?

そんな質問されるのが嫌です('A`)



19.また質問なしw

ここでまた牧場写真をどうぞ!

ウルトリマン。


・・・合体、というより、コスプレ?(ノ∀`)



20.旅行に行くならどこ行きたい?

リオデジャネイロ

・・・って、今、何となくアタマにこの言葉が浮かんだから書いただけ。



21.解毒方法は?

一っ風呂浴びる。

↑PCのやりすぎで毒されたときの解毒方法。



22.貴方は今何かを育てていますか?それは何?

ポケモン。

↑うん。



23.一昨日の夕飯は何ですか?

米。



24.最近見た、印象に残る夢はどんな内容?

何かエロい夢見た気がする。

内容覚えてないのに、取り敢えずエロかったような気がする。

うまく説明はできないけど、取り敢えずエロかったことだけは覚えている。

↑わかった、もう何も言うな。



25.好きな駅は?

麹町。

・・・特に深い思い入れは無い。大学受験の頃、一週間ほどその付近に住んでたってだけ。



26.バイブルになっている本or漫画はありますか?

本…「羊をめぐる冒険」
これ読んで、また村上春樹氏の見方が変わったわ・・・


漫画…「っポイ!」
日下万里の生き方は、男として見習うべきだと思うんだ・・・
うん、絶対ムリだけど(ノ∀`)



27.二次元三次元を問わず、1日誰かになるなら誰になる?

KREVA。



28.好きなうたは?

最近、脳内でKICKの「LONELY ONE」が無限ループwww

古いのに・・・しかもアルバム曲なのに、ナゼ??(ノ∀`)←ろんりだからさ。


あと、たまに「アンバランス」も流れる。

↑懐かしいなー;



29.明日の予定を教えて下さい。

就職試験。

↑おいっ!!勉強しろwww



30.今日の予定を教えて下さい。

受験票に貼る写真撮りに行く(まだ準備してなかったのかよwww)。

明日の新幹線の切符買いに行く(それ、大事)。

あとは、もうPCもゲームもしないで、勉強あるのみ。



言ったな。ちゃんと実行しろよwwww



31.何のオタク?

ポケモン。

あと、色々。←ナンだよ



32.夢は?

作家。

・・・なれたらいいよね、専業作家(ノ∀`)

↑がんばれよ。



33.平和とは?

ちゃんと明日の朝も食べられるご飯があるということ。



34.好きな髪型は?

今の宇多田ヒカルの髪型とか好きだな。

↑って、いきなり異性いったぞwww



35.今何か音楽を聴いていますか?それは何?

NOMAK


・・・まだそれほど認知度も高くないと思うアーティストだけど、最近ラジオやテレビなんかのBGMで使用頻度多くなってて、反応しまくってる俺ガイル(笑)。

よかったら、「NOMAK」で検索してみてください人´∀`*)



36.またまた質問なしw

ぺらぺらゆかり。

リザードンに拉致られた後、上空から真っ逆さまに落とされて、ペシャンコになりながらも立ち上がったユカリさん。

↑説明長いなぁ;

37.生まれ変わったら何になりたい?

ぬこ。



38.最近のマイブームは?

炊飯。

毎日米食ってる。

↑それ、マイブームって言わないwww



39.子供は何人欲しい?

その前にまず彼女が欲しい件('A`)



40.友達にドタキャンされ、丸1日予定が空いてしまいました。何をする?

ひきこもる

(↑レイジさんと同じ回答(爆))



41.来年の抱負をどうぞ

もう来年かよ。早いよ。

取り敢えず未定で。

↑まず、目先のことしか考えられない人。



42.好きなポケモン3匹どうぞ

ヤミカラス・ニャース・ニューラ。

↑全部小説メインキャラ☆



43.好きな車種は?

黄色いロールスロイス。

↑by「グレート・ギャツビー」



44.好きなゲームは?

ポケモン・スマブラ・ゼルダ

・・・って、最近ポケモンばっかやってますけどね(ノ∀`)





以上、終了!

・・・長かった・・・('A`)



※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ: - ジャンル:小説・文学 | バトン | コメント(3) | page top↑
【絶対やってくれるだろうバトン】 【2008/04/11 21:10】
そろそろバトン消化してまいりたいと思いますA(´∀`;

溜めすぎちゃって、ほんと、すいませ・・・!




・・・が、その前に、本日の戦利品を晒してみる(笑)↓

リク♀とカイ♂

今日大量発生だった、ラクライ。色違い2匹ゲットです∑d(´∀`)

♀のリクちゃんと、♂のカイくん。

うむ、上と下、どっちがリクで、どっちがカイかは知らん。
↑ちゃんと覚えとけよwww


ほんとは3匹捕まえて、「クウ」って名前のコも欲しかったんですけど・・・ちょっと気を抜いた瞬間、草むらの隅っこでポケトレ起動させてしまい、

「くさむらはしずかだった・・・」

連鎖\(^o^)/オワタ


ホント・・・ポケトレって、根気の勝負ですよねorz


しかし、そうやって捕まえてこそ、喜びもひとしお、かな?






ぬささめさんより。

【絶対やってくれるだろうバトン】

確か、前のブログで回答した覚えがあるんですけれども、このブログでは初なので、回答していきたいと思います(=ω=.)ノシ



▼あなたの性格を一言!

さみしがり なせいかく。
まけずぎらい。


▼薄い顔?濃い顔?

薄くねーよ!

しょくぱんマンじゃあるめぇしヽ(`Д´)ノ
(↑そっちの「薄い」じゃねーwww)


▼背はいくつ?

・・・あれ、こないだ身体測定あったのに・・・A(´∀`;

忘れた、じゃなくて、見てなかった・・・
↑もっと自分のカラダに興味持とうよwww


▼自分の体で嫌いなとこは?

ずつうと胃炎。

偏頭痛と、胃炎。

・・・はい、ここで過去絵が使いまわされるのですね(笑)。

▼あだ名は?

ばる。

たまに、ばるさん。

↑ゴ○ブリ駆除するアレ?;


▼異性の好きな髪型は?

「やっぱおんなはロングヘアー♪」

・・・と、ガクMC氏も歌っておりました・・・

↑EAST END×YURI時代(古っ;


▼背は何cmから何cmの人

不問。


▼趣味は?

ラップ(爆)。

最近あんま聴かなくなったけど、チャリンコこぎながらKICK THE CAN CREW歌ったりすることは多いですwww

やべwwwハタから見たらアブない人wwwww


▼淋しいと思う時は?

最近常に('A`)

(↑おいwwww)


▼あなたが今一番したい事は?

就職。

(↑うん。)


▼あなたが今一番気になる事は?

「だけど、気になることは無い」

↑エキ○ントリック少年ボ○イ風(古いなぁ;


▼今年一番したい事は?

恋愛。

↑寂しい人の回答www


▼喧嘩したとき自分から謝れる?

わかりません。


▼男女に友情はあり?なし?

むかし、そんなのあるもんかと福山雅治が(ry


▼理想は?

福山雅治。

↑だから、無理って('A`)


▼理想の人とは出会っていますか?

わかりません。


▼恋愛と結婚は別ですか?

わかりません。

↑オコチャマですから(ノ∀`)


▼バトンを回してきたあの人…

もっふもっふケモノさんたち萌えっす人´∀`*)


▼バトンタッチ☆(各項目3名以上)

昔回したことあるので、アンカーで\(^o^)/

▼絶対やってくれるだろう


▼時間があればやってくれるだろう


▼やってくれるかもしれない


▼やってくれるかな?


▼やって欲しいな!



以上!

・・・って、年齢が分かるような危険な回答でしたねA(´∀`;
↑大丈夫wwもうバレてるwwww

いちぶ、ネタがわからなかったコたちは、おにいさん、おねえさんにきいてみようね!
テーマ: - ジャンル:その他 | バトン | コメント(2) | page top↑
しょこたんがやってきた! 【2008/04/09 17:20】
TV東京系列の番組、「ポケモンサンデー」との連動で、「みんなのポケモン牧場」に、ポケサンカンパニーの方々がやってくるという企画が始動しましたが。

昨日、私の牧場にも、部長のしょこたん様が、マニューラと一緒にお越しくださいました。


しょこたんとマニューラ。


意外に、撮るのに苦労した、このツーショット(爆)。

しょこたんと、連れのマニューラ♂、「ルナ」くんです。



・・・えぇ、誰が何と言おうと、しょこたんです。

突っ込んだら負け(爆)。


ルナ君(レベル100)。

しょこたんのマニューラ。

フォーカスすると、このように、金ぴかに輝きます。
これは、レベルが最高地点の100まで達しているという証拠。

おぉ・・・流石しょこたん。やり込んでますなぁ~(*´∀`*)


あ、勿論、私がナナカマド博士から貰ったポケモン、ゴウカザル♀のジュンちゃんも、既にレベル100なので光りますよ←何対抗してんだwww


ルナと戯れるしょこたん。


ルナに乗って楽しそうなしょこたん。


・・・明らかにバランスがおかしい(ノ∀`)←そこっ!突っ込んじゃだめ!


にしても、「ルナ」っていうネーミングセンスは、やっぱりアレですよね。
セーラー○ーン世代ですよね・・・(爆)。



ちなみにこのしょこたん。滞在期間は4月14日(月)までだそうです。

・・・意外と長いねf(´∀`;







ところで、B@Lの牧場ですが、とうとうポケモン1000匹預けられるような広さまで大きくなりました!

B@Lの牧場(航空写真?)。

見てください、この広さ!


「わはは!ポケモンがごみのようd(ry」

・・・はい、失礼しましたm(_ _;)m



注目してもらいたいのは、厩舎の屋根が金色に変わっていること。
これ、単にペインティングしなおしたというわけではないらしいです。

ユカリさん曰く、厩舎を広くして、自分のポケモンをそこへ入れられるようにしたのだそうな。
つまり、私の預けるポケモンの数が増えて、ユカリさんのポケモンが邪魔になった場合は、ユカリさんのポケモンは厩舎の中へどかしてくれる、ということらしいです。


・・・そうですか、このままユカリさんのポケモンだけ増え続けて、それで牧場の容量がオーバーするということにはならないのですね。

ちょっと安心しましたA(´Д`;ホッ


ちなみに私の牧場、もうこれ以上は預けられるポケモンの数は増えないんですけれども、牧場のレベルは、これからも上がり続け、敷地ももっと広くなるのだそうな。

まだまだ、楽しみが続きそうですね人´∀`*)









↓オマケ。



ダスターとヒモヘビ。

「MOTHER3」より、ダスターとヒモヘビ。


誰が何と言おうと、ダスターとヒモヘビです(爆)。



(ちなみにヒモヘビは、りりさんより戴いたもの。ニックネームも「ヒモヘビ」です(笑))



※以下、コメント返信↓
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(5) | page top↑
ポケセンレポート。【後編】 【2008/04/07 18:52】
4月5日に浜松町のポケセンでオフ会企画したけど、結局誰にも会えずにgdgdになった件の続きです。

>>前回の話


何度も書きますけど、週末のポケセンの込み具合は凄まじかったですね・・・
とてもとても、長時間中には居座れないような雰囲気でございました;
それで、店の前の花壇が、ちょっとした待合場所みたいになってたという件(笑)。

恐らく、週末を利用して、地方から飛行機で来たのであろうお父様も、そこで大きなスーツケースにもたれて、お眠りしてらっしゃいましたf(^_^;)

本当、お疲れ様でございます・・・



その横で、DSを開く私。

ユニオンルームで交換なんぞやったというのは前回も書きましたが、その続きでございます。

「あの・・・ポケモン対戦していただけませんか?」

突然、隣に座っていた、中学、高校生ぐらいの男の子に声をかけられました。
ユニオンルームのチャットではなく、生の声です。

「ええ、いいですよ」

と、私は直ぐに、快く了解。
いきなり知らないコに声かけられたら、普通は多少驚くものでしょうけど・・・なぜかそのときは、すんなり受け入れられました。
多分、ポケモントレーナー同士、何か通じるものがあったのでしょう。


ルールは、シングルバトルレベル50、3on3。バトルタワー仕様です。


相手のトレーナー名は、ニック君といいました。



1ターン目。
B@L、カイリキーを繰り出す。
対するニック君は、ヤドランを繰り出します。

流石に相性が悪いと、B@Lはポケモンを、ジバコイルに交代。
ニック君のヤドランは、「なまける」を使いましたが、体力満タンのため、失敗に終わります。


2ターン目。
ニック君、ヤドランからドンファンに交代。
しかし、じめんタイプが来るだろうことは予想できていたB@L、「でんじふゆう」を使います。
思わず、「あちゃあ・・・」という声が、ニック君の口から漏れるA(^_^;)


3ターン目。
先攻は、ニック君のドンファン。ドンファンはジバコイルより遅いポケモンだと思っていましたが・・・まさか、努力値調整されていたのでしょうか!?
しかし、繰り出してきた「ストーンエッジ」は、“こうかはいまひとつ”のため、ジバコイルへのダメージは微々たるもの。
対するB@Lのジバコイル、「ラスターカノン」を繰り出す!相性は普通ですが、「とくぼう」の低いドンファンには、かなりのダメージ。


4ターン目。
ここでニック君、ポケモンをブースターに交代!
B@Lのジバコイル、攻撃技は「ラスターカノン」で、“こうかはいまひとつ”。


5ターン目。
先手、B@Lのジバコイル。「10まんボルト」をブースターに浴びせます。しかしブースター、何とか持ちこたえる!
ニック君のブースター、「かえんほうしゃ」!“こうかはばつぐん”!
しかし、ここでB@Lのジバコイル、持っていた「オッカのみ」でダメージを軽減。まだまだ余裕で持ちこたえています。


6ターン目。
先手、B@Lのジバコイルの「10まんボルト」で、ニック君のブースター、ひんし!
しかしここで、ジバコイルの「でんじりょく」が失われてしまいます・・・


7ターン目。
ニック君、ドンファンを繰り出す。
先手で、「じしん」を繰り出し、B@Lのジバコイル倒れる!
・・・うーん、ここでB@L、3ターン目に、相手に先手を打たれていたことを思い出すべきでした(ノ∀`)


8ターン目。
B@Lは、俺の嫁(笑)こと、ドンカラスを繰り出す。
先手、ドンカラスの攻撃!
「あぁっ、しまった、“ふいうち”か・・・!」
ニック君の口から悔しげな声が・・・
・・・そうです、「ふいうち」ですf(^_^;)
そこで敢え無く、ドンファンダウン!


9ターン目。
ニック君、最後のポケモン、ヤドランを繰り出す。
B@Lのドンカラス、「ふいうち」!・・・しかし、うまく決まらない!
ヤドランは、「めいそう」をして、能力を上げていきます。
・・・B@L、まだまだ読みが甘いぞ!!(ノ∀`)


10ターン目。
B@Lのドンカラス、「ふいうち」!
今度は巧く決まって、ヤドランのHP半減。
ヤドランの攻撃、なんと「かえんほうしゃ」!
まさか、“やけど”になるんじゃないかと、B@L、思わずひやっとします。
ダメージはかなりのもの・・・しかしドンカラス、何とかもちこたえました。
そして、恐れていた“やけど”も、何とか回避。


11ターン目。
ここでニック君、思わず「間違えた!」の一言。
B@Lのドンカラス、先手「ふいうち」が、見事にHit。
ヤドラン倒れて、結果、B@Lの勝利で試合は終わりました。


「間違えた!」と言ったニック君・・・恐らくは、「なまける」を使うつもりだったのでしょうf(^_^;)
ここで「なまける」を使われていたら、また戦況は違っていたことかもしれません。
何にせよ、なかなかスリリングな戦いでした・・・。

お互い、「ありがとうございました」、と、勝負の後の、笑顔の挨拶(笑)。
そんなこんなで、意外な巡り合いがあった、ポケモンセンターでした!


・・・ただ残念だったのは、そこでお互いのコードを、手帳に登録してあげることができなかったということ・・・
登録できれば、またWi-Fiなんかでバトルできたかもしれませんが、そのとき既に、B@Lの「ともだちてちょう」、ネットで知り合ったトレーナーの方々などで、完全に埋まっていたんですよね;

・・・まぁ、一部は地元でしか通信をやらない友人や、従姉妹のコなどの消していいデータもあったりするので、まだ整理すればこれからも入れられるので大丈夫なんですが、5日のその状況で、とっさに整理することなど、できなかったんですよね・・・
それに、無理に交換できたとしても、実際、また会う機会があるのかもわからないものだし・・・

このとき、「一期一会」というものを、感じてしまった次第です。やっぱり、人との出会いは、「一期一会」・・・私とニック君の名勝負は、きっとこのときが最初で最後だったのでしょう。




・・・けれど、実際顔合わせて出会ったトレーナーとはもう二度と対戦できないのに、顔も知らないネットのトレーナーとは、まだいつでも対戦できるというのは・・・何だか、不思議・・・

・・・いや、だからこそ、今度こそちゃんと、オフ会を催すべきなのか!!!
(↑って、結局そこに帰結すんのかwwww)



そして、もう一つ残念だったこと。
コード交換できなければ、せめてその代わりに、そこコとポケモン交換でもすればよかったかなと・・・
色違いムックル、まだまだ余りあったのに(ノД`)

・・・って、まぁ、出来なかったことを悔やんでもしょうがありません;
交換は、また次に巡り合えるであろう方々のために、大事に取っておこうと思いますb



以上、毎度の事ながらダラダラと長い文章でスイマセンでした;
読んでくださった方々、本当にありがとうございますヽ(´▽`)ノ♪

・・・今度、ちゃんとオフ会できた際には、もっと良いレポート書こうと思いますf(^_^;)



↓最後に、こちらの画像で締めと致します。

ホントの戦利品:杉森建氏のサイン

ポケセンの店の入り口、入ってすぐのところにあった置物のウラに書かれた、ポケモンデザイナー、杉森建氏のサイン。(ちょっと見づらいかな?f(^_^;))
他にも、様々なポケモン関係者の方々のサインが書かれているようですね♪

※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンバトル | コメント(2) | page top↑
試験一週間前; 【2008/04/06 19:46】
オフ会企画したけど、結局誰にも会えずにgdgdになったポケセンレポートの続き書こうと思いましたけど、予定を変更して一つ謝罪;

昨日3時頃、実は、ムウさんが私を探しにいらしてたみたいなんですね;

その時は恐らく、私も店の前の花壇に腰掛けてDSやってたと思うんですが、私の目印がメガネだけというのは、どうにも気付きにくかったらしく・・・ヽ(´Д`;)ノ


ダークライじゃなくて眼鏡。

・・・再び、例の青メガネ;

誰でもかけてるもんじゃないと思って、よい目印になるかなーと思ってたんですが、よく考えてみたら、大分目立ち難い色っすよねA(´▽`;)
それで、私を探していただくために、メガネかけてる人間を片っ端から探れというのも、また酷なハナシ・・・(爆)

むむーん、去年のパルシティのときなんかは、ちゃんと着てく服みたいなもんまでアップしてたんですが、いかんせん、今回の本当の目的は、試験会場の下見・・・
遠足気分で行くわけにはゆくまいと、特に何も決めずに出かけてしまったのが、失敗でありましたf(-.-;


・・・と、なんか言い訳みたくなってすいません;
兎に角、色々悔やまれてならない今回の企画でした;

次回はもっと、事前にしっかり計画練って催したいと思いますよヽ(´Д`;)ノ




・・・しかし実際、次回はいつ東京に行くのかという問題(汗

少なくとも試験のある当日の、今から丁度一週間後、4月13日(日)にはまた足を運ばねばならないのですが、
「試験のある日にオフ会だなんて、どうよ?」
ってハナシですよね;

でもまぁ、試験が終わるのは午後3時半頃というので、終わった後は、またちょっくらポケセン寄ったりもするかもしれません・・・
大分、やつれたような顔になってるのは必至かと思いますがwww←死亡フラグ

あ、でも試験当日の格好って、どうだろ・・・試験のお知らせの書類には「軽装で結構です」と書いてあるんですけれど、やっぱスーツ必要でしょうか?(周りの受験生のこととかも考えて;)
スーツ着てポケセン寄るかぁ・・・はぁぁ、また何とも(´Д`;



・・・って、それより、勉強の方はどうなんだよ、といったカンジではございますが;
まぁ、とりあえず試験に関しては、あんまし悩まないで行こうと思ってます。
今更焦って勉強しても、しょうがないって部分もありますしねf(^_^;)←・・・って、何か既に諦めモード入ってる気がしないでもないが;

堂々と構えて、今ある力を出し切るだけっす、はい。



・・・うん、でも今週一週間は、ちょっとだけブログ更新停滞しそうな予感;
取り敢えず、小説やイラストの更新は、まだできそうにないっす・・・あぁ、もう直ぐ1500Hitなのにぃ~(´□`;)←1000Hit企画絵描けなかった分、そっちで補おうと思ってた;

ただ、溜めてたバトンは、少しずつ消化していこうと思います。
(ってか、寧ろバトンしかできない?みたいなf(^_^;))

何卒、ご理解の程、宜しくお願いしますm(_ _)m




・・・うん、でも撮り溜めてた「牧場」の写真は、これからも載せていこうかとか思っている人(爆)。↓

ポルカちゃん。(ケーシィ♀)

先日、のりさんから戴いた色違いケーシィ♀のポルカちゃんです。
色がレモン色で可愛いですね(*^▽^*)

しかし・・・昼間でも寝てばっかりです(笑)
流石はケーシィ・・・f( ̄▽ ̄;


このコは♀なので、進化させずそのまま育てていこうと考えています。
(進化させたら、髭生えちゃうww)

技マシンでいっぱい技覚えさせて、リトルカップとかで活躍させられるかなぁ?
↑そういや、バトレボのリトルカップ、まだ一度も挑戦したことなかった;


※以下、コメント返信↓
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(2) | page top↑
ポケセンレポート。【前編】 【2008/04/05 21:32】
行ってきましたよ、ポケモンセンター。

さすが土曜日、




めっちゃ込んでたっす(ノ∀`)




規模はNYのディ○ニーストアの比には全然ならないクセに(ディズ○ーストアは、確か4,5階くらいまであったハズ・・・)、店内は家族連れでひどくごったがえしておりました・・・

なんか、シェイミのシールの配布みたいなのが行なわれてたみたい。
店のレシート持っていってクイズにチャレンジすると、もらえるとかなんとか・・・
ちっちゃいコたちが、何回も何回も挑戦して、何枚も何枚も貰ってました・・・←一人一枚ルールじゃねぇの?;


そして私はというと、取り敢えず店内ぐるっと見て回って、何か欲しいもんないかとか思いましたが、




ナゼかちっとも湧かなかった購入意欲。




・・・えぇ、「それでもテメェ、ポケモンファンを語る資格があんのか!?」と罵っていただいて結構です・・・
まさか、ポケセン行って、何も買わないまま出てくることになろうとは・・・



・・・うん、でも私にとって、ちっちゃなころぬいが900円以上するというのは、どうしても信じられなかったのでございますよf(ー_ー;


そして、その一方で、子どもたちに、「買って、買ってぇ~」とせがまれるお父さまお母さまの姿が、何だかとても輝いているように見えた次第であります・・・はうぁ、明るい家庭を築くということは、週末こんなお店に子どもたちを連れてきてやって、ちゃんと欲しいものを買ってあげられるような財力を蓄えてあげるということだろうか・・・と。


・・・むぅ、思わぬ社会科見学でございましたね;←酷く現実主義ダナwww





あと、オフ会についてですけど、思った通り、企画倒れでした(爆)。

・・・むぅ、流石に一日二日で決めた計画じゃあ、うまく進行するもんじゃねぇなと反省した次第ですf(-.-;

「行きたいけど都合がぁ~(><)」

と、メール返してくださった皆様、本当に申し訳ありません・・・
次回は、事前にもっと連絡取り合って、何とか成功できるような企画にしたいです;←って、次回一体いつやれるかは不明デスガ;



まぁ、とんだ大失敗ではありましたけど、ポケセン前の花壇に座り込んでDS開いてみたところ、思わぬ巡り合いもいくつかありました。




ユニオンルーム、大盛況(汗




思わず、周りを見回しましたね・・・;一体、俺の他に誰がポケセン前でDS開いてるのか!?と(汗
どっから繋いでいるかもわからないのに、事実ユニオンルームに沢山のトレーナーがいる、というのが、ワイヤレス通信の恐ろしいトコロでございます(汗

(通信できる範囲の10メートル、って、意外に広いんだね;)

そして、ユニオンルーム内にて、見知らぬコたちから、色々話しかけられました(汗

中には、既に★が5つ集まって、ブラックカードとなったトレーナーカードを見せてくれたコもいて・・・←ちょww

そして、いきなりせがまれる、ポケモン交換;

えぇ、付き合ってあげましたともー。差し上げられるコは、ウチにはいくらでもいるんですから。


コイルとか・・・(笑)
↑斡旋所のやつじゃねーかwww


うん、でも差し上げたコイル、技は10まんボルトとラスターカノン覚えているもんね。
個体値とかわかんなくても、それでちょっとは喜んでもらえたんじゃないかなと思うのですが。

そして、こっちが貰ったコたちは、以下のコたち↓


戦利品?①スカンプーのアニキ。
戦利品?②ライチュウ君。

早速牧場に放ってみましたが(笑)。

スカンプーくれたコ、最初はチャーレムくれようとしてたのかわかんないんですけど、何度か交換中止とかを繰り返してて・・・
結局、最終的にスカンプーを出すことにしたみたいっす。

ライチュウ君は、なぜか「オレンのみ」を持ってました・・・
たまにGTSに預けられてるポケモンも持ってる、「オレンのみ」を・・・

↑そこ、あまり深く突っ込んではイケナイ;




そしてもう一人、交換してくれたコがいました。

そこコ、かなり礼儀のいいコで、交換前にまず、「おえかき」に招待してくれて。
そこで、「なにかほしいポケモンいります?」と訊いてきてくれたんですよね。

私は、特に欲しいポケモンは無いと答えたんですけど、折角ですから、

「色違いムックルほしい?」

とこちらから問うと、「ぜひ欲しいです!」と、交換成立。

いやぁ、今日のために仕入れてきてよかったですねー(ノ∀`)


で、こちらは何を貰ったかと言いますと・・・


戦利品?③グラードン殿。


えええぇぇぇえぇぇえ!!!??∑(゜Д゜;ノ)ノ


いやぁ・・・グラードンって・・・本当にこんなん貰っちゃってよかったんでしょうか(汗

大分、太っ腹なコでしたね・・・f(´▽`;
そして、最後にまたおえかきに誘ってくれて、



「ありがとう!」



いやぁ、良い巡り合わせでございました♪




・・・以上、前編の内容はココマデ。

後編に続きます!

>>後編。

※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(4) | page top↑
明日の予定。 【2008/04/04 23:46】
一応、再度告知。

明日、4月5日土曜日、B@Lがちょっくら東京浜松町のポケモンセンターへ行ってきます。

もし、他にも行く予定のあられる方いらっしゃいましたら、是非お声をかけてくださいませ。

B@Lの目印は、取り敢えず下に写しておきます↓

ダークライじゃなくて眼鏡。


ダークライのぬいぐるみストラップ・・・

・・・じゃない、青縁のメガネ、でございます(爆)
(↑何でそんな構図で写真撮った?;)

このメガネをかけて、初代DSを持ち歩いているひょろいヤツがいましたら、恐らくそれは私です(爆)。
よかったらお声をおかけくださいませ。

一応、手土産がてら、こないだ3匹程捕獲できた色違いムックルとか持っていこうと考えておりますが・・・
(↑ポケトレで初の107連鎖達成したというわりには、結構低い捕獲率(ノ∀`))

もし、誰もきてくださらない場合は、一人で「ちかつうろ」でも掘ってようと思います・・・
↑虚しいぞ、それwww



・・・初めての浜松町旅行、いったいどのように事が運ぶのか、私自信不安だったりしますが(汗ダク

まぁ、例え一人ぼっちでも、頑張って行って参ろうと思いますよヽ(´Д`;)ノ


・・・取り敢えず、電車では痴漢に間違われないように注意しないと(爆)
↑田舎者の心配事だなぁと思うけど・・・それ、物凄く心配;



ちなみに、時間とかは漠然としか決めてませぬ;←いや、そこ一番重要だろ;

一先ず、12時頃浜松町着いて、それから試験会場見に行って、1時ぐらいにポケセンで時間潰して、2時頃どっかでゴハン食べたら、またポケセン寄ろうかなぁ、とか・・・
↑って、「漠然」って言うのか?それ?;

まぁ、明日は一日フリーだったりしますんで、特に気にせずブラブラしようかなぁ、とか・・・ヽ(´▽`;)ノ
↑ちょww暇人wwww勉強しろwww


まぁ、そんなスタンスで宜しくお願いします。
・・・って、誰に向かって言ってんのか、わけわかめデスガf(^_^;)
↑あぁ・・・このオフ会、凄く企画倒れな気がする・・・あぁぁぁ;



・・・はい記事内容がgdgdになってきたトコロで、今日の牧場ワンショット、いきたいと思います;↓

こうめちゃん。

きちさんから戴いた、色違いコリンク♀の「こうめ」ちゃんです。
とっても笑顔に撮れてるでしょう!!d(≧▽≦)b←凄く自画自賛;


はうぅ・・・黄色コリンクかわいいよ、黄色コリンク(´Д`*


※以下、コメント返信↓
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモン牧場日記 | コメント(2) | page top↑
突然ですが。 【2008/04/03 18:30】
PC用テンプレ更新しました。
・・・って、そりゃ見りゃあわかるか;


バナー絵は、こないだうpしてたキュウコン様再加工。
・・・早速やりやがったww



壁紙は、素材倉庫様より、クラボの実壁紙を拝借。どうです?春っぽくなったでしょ?

・・・女の子のサイトっぽくなったような気もしないではないですがf( ̄▽ ̄;
(※注:このブログはポケモン廃人のオッサンが更新しているブログですので悪しからず;)



・・・って、用件はそれではないです;
一つ、お知らせしたいことがあります。


明後日、4月5日(土)、私、ちょっくら東京に出張してこようと思います。

東京なんて私、トモダチと遊ぶときですら、あまり足を運ばないような感じなのですが・・・どうして春休みももう終わりの時期に、行こうと思い立ったのかと申しますと・・・


実は昨日、私が希望する職種の書類審査の発表が行なわれたのですが。
それによると、どうやらB@L、合格してたらしいんですよね;←他人事のよーに・・・

それで、第一次筆記試験に参加しなくちゃならなくなったんですが、その試験場所を私、東京の方で指定しておりましたので・・・
ちょっくら、その会場の下見に行ってこようと思う次第なんです。


「下見だなんて、気合入ってるなー・・・」
と思われるやもしれませんが、まぁ、一応カタチだけはしっかり取っておこうといいますか・・・
本番、場所がわからなくて試験場に遅刻して入る、とゆーこっぱずかしい事態だけは避けようと思いまして(汗


で、その会場なのですが、東京のいったい何処に位置しているのかと申しますと、




浜松町。




・・・うん、勘の良い方は、今ピーンとこられたことかと思いますが;

そうです、あの、ポケモンセンタートウキョーのある浜松町ですね(爆)。

B@L、ポケモンブログを運営していながら、ポケモンといえば最近は殆どゲームの方面にしか関心が無いため、ポケモンセンターには殆ど足を運ぶことはなかったのですが、折角浜松町行くんだもの、この機会に行ってみようかと思うのです。



・・・まぁ、何か面白いネタが見つかればよいのですがf(^_^;)
にしても、いい年したアニキが試験会場の下見がてらポケモンセンター寄るというのは・・・ハタから見たらなかなかシュールな絵になりそうな希ガス(爆)

あと、ひょっとしたらオフ会みたいなもんもやれるかな?等と思っていたりいなかったり・・・←しどろもどろ;

もし、明後日土曜日、「私もポケセン行くよー」という方いらっしゃいましたら、遠慮なくブログコメント等でお声をかけてくださいませf(^_^;)(いないかもしれないけど;)

もし誰かとお会いできましたら、ポケモン交換とか、対戦とかできるかもしれないし・・・←って、Wi-Fiでやってることと変わらない希ガス(爆)

あ、あと、レコード交換や、ポフィン作りとかもですね(汗
↑うん、オフだけやれんのは、それくらいか・・・



むーん、しかし、私もいよいよ就職試験、受験生ですか;
四月に入って、一気に現実が目の前に押し寄せてきた感じだなぁorz


まぁでも、ここでヘタレてちゃあ、始まらない。牧場のポケモンたちだって、毎日あんな風に元気に動き回ってるんだもの☆


山より高くはねるコイキング(爆)


・・・って、ここで、山より高く跳ねるコイキングの写真を・・・(撮影場所:りふぁさんとこの「きのこぼくじょう」)

まぁ、多少は現実離れしてる感もありますけどね・・・(ノ∀`)
↑いや、「多少」ってレベルじゃねーぞwww


兎も角、今月4月、また日々頑張って過ごしていこうと思う次第であります、はい。


※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ: - ジャンル:ゲーム | 未分類 | コメント(4) | page top↑
きゅうこん。 【2008/04/01 21:54】
久々のイラスト更新です。

キュウコン。

1000Hit記念絵もマダなんですけど;
いかんせん、暫く「牧場」にかまけてたせいで、リハビリが必要っぽいっす;

ってなわけで、練習がてら描いてみたキュウコン。線少し細めにしてみたつもりですが、アタマの毛の部分が、まだどうしても太いです;

そして、構図がどっかで見たことあるような感じになってるのも、また・・・←オイ;


兎も角、これを記念絵にするわけにはゆくまいて(汗
↑でも、再加工して新バナー絵にする分には良いかとも思ってる。



あと、今日でペイントツールsaiの試用期限が切れまして、先程ユーザーライセンスの方を購入してまいりました。
ユーザーライセンス、5,250円もするんですけど(汗
スゲェ、ポケモンダイヤモンド&パールの新品より高いじゃまいかf(-.-;←比較する対象がそれか;

しかし、saiは素晴らしいツールですので、それぐらいの投資は惜しまずとも良いだろうという結論に達し・・・←なんか、物凄い決断を下したような気に、自分ではなっている(爆)


まぁ、買ったとしても、使いこなせてなきゃお前、イミねーじゃんwwという気もしますけど;
しかし、買った以上は、これからもまた、頑張って使っていこうと思う次第でございます・・・はひ;




ってか、もう4月デスネ(汗
TOPバナー更新しないと・・・←月替わりかよ。

取り敢えず、本日モバイルの方だけでも、更新しとこうと思います。
どうぞお楽しみに(*・ω・*)ノシ



※↓以下、コメント返信。
続きを読む
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンイラスト | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。