スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ: - ジャンル: | スポンサー広告 | page top↑
ポケモンリーグレポート④ 【2008/01/15 00:00】
第四章:こんぶダシ効いてるよ~♪トリパとトリパの合わせ技ww
>>最初から読む  >>前回の話

そういえば、大会のルールはレギュレーション に書いてある通りなのですけれども、実際の会場ではこんなことが言われていました。



「不正行為が見られた場合は、対戦相手本人がその旨を申し出てください。申し出が無かった場合は、それらの不正行為もすべて有効として扱います!」



・・・うおっ、じゃあバレなきゃ不正やってもいいってこと!?∑(・ω・ノノ



いやいや、そんなバカな考えはやめてくださいよ・・・;

どうせいつかはバレるんですから、不正なんて絶対ダメです(><)



・・・しかし、ここのスタッフ、大分テキトーな気がしました・・・。

別に、試合結果なんて見てないのよね、この方々;予選Stage②で私が勝利したときも、スタッフに直接申し出るまで、気付いてもらえそうにありませんでした;

・・・まぁ、しょうがねぇや。別にスタッフ皆、ポケモン関係の仕事してるわけはあるまい。派遣とかバイトが殆どだろう・・・。

だから、会場内で「●●どこにありますか?」なんて訊かれても、「ええと・・・地図見せてください」なんて、逆に自分が教わんなきゃならんような態度とってるんですよ・・・(その時はまじで、私が教えようかとか思ったし・・・)。



あと、個人的に気になってたのは、対戦ごとに使用ポケモン変えてもいいか?ってことなんだよね。

答えは、可能、です。ボックス整理してる暇なんて無いのだけれど、手持ちに6匹入れてたら、あとはバトルルーム入った際に4匹選ぶことになるから。



けど、私はずっとカクレオン・ドータクン・ドサイドン・カバルドンの4匹。代えの面子がいなかったってのもあるけど・・・どうせ対戦相手だって毎回変るもの。予備入れてたって、あんまし意味は無いと思うのですがどうでしょう。



それにね・・・このときにはパーティの子等が、既にわが子たちのように可愛く思えていたのですよ人´∀`*)

やっぱ日本人、感情移入しやすい人種だよね・・・(いや、それに限ったことではないかもしれないが;)。



ともかく、始まりました、予選Stage③。以前の更新でも書いた通り、Stage③はWiiのポケモンバトルレボリューションを使って行なわれます。

大迫力の画面に、緊張感も更にUPですっ!(゜∀゜;



「第4回戦:予選Stage③」



今度の相手は、スポーツがりで背丈の高いニイチャンでした∑( ̄□ ̄;

年上・・・第1回戦の方もやはり年齢上でしたけれど、なんだかそれを相手にするのはニガテです・・・;

まぁ、年功序列の社会で育ってきたのだからしょうがないとは思うが。



さぁ、バトル開始。

相手はまずヨノワールと、あと一匹なにか・・・(忘れた)出してきました。

なんか、鈍足パーティだった気がする・・・。コータスとかだったかな?

それで、トリックルームは使えないと思い、ドータクンをカバルドンに交換・・・カクレオンは、取り合えずヨノワールじゃない方の相手にねこだましかけて怯ませておく。

すると、きましたヨノワールのトリックルーム!∑( ̄□ ̄;

むう、やはりそうきたか・・・。



しかし遅さだったらこっちも負けてはいない(笑)!カクレオン、頑張ってシャドークローでヨノワールに挑みかかります。1ターンじゃ倒せなかったけど、確か2ターン目ぐらいには相手ひんし!



しかしそこで、もう片方のポケモンが「だいばくはつ!」ぎゃ!コロシアムからポケモンがいなくなっちゃったよ!・゚・(ノД`)・゚・。



しかしこれでお互い、2vs2・・・ドータクン、ドサイドンを繰り出します。相手は、ホエルオーとアーマルド!

ホエルオー、怖い∑( ̄□ ̄;



たしかそこで、ホエルオーに集中攻撃挑んだんだと思います・・・とにかく、やつの「なみのり」がきたら、ドサイドン、耐えれるかどうかは不安です;

けれど、ホエルオーみたいな耐久の高いポケモンが一撃で倒せる筈はない・・・思わず、「硬ぇ・・・」なんて声を漏らしてしまったB@Lです(汗


で、その次のターンぐらいに、アーマルドの「まもる」がきたんじゃないでしょうか・・・!(ホント、うろ覚え)
しかし次にホエルオーが繰り出してきたのは・・・




じばく!!!




・・・まさかの爆弾パーティ∑( ̄□ ̄;

しかし、それで逆に救われました・・・だって、ドサイドンにもドータクンにも、「こうかはいまひとつ」なんですから・・・



相手の方、「まぁ・・・そんなもんか」と、苦笑・・・(笑)。無表情な方と思っていたら、案外、よく笑われる方でした( ̄▽ ̄;



最後は、ドサイドンのストーンエッジがアーマルドに見事Hit!「こうかはばつぐん」で、勝負の幕は閉じました。

・・・一度は予選第一試合で完敗したものの、見事本戦への出場をGetしたわけです!ヽ(´▽`)ノ♪ヤタア




さて、それから約45分ぐらい、時間が空きました・・・。本戦の集合時間は11時45分とのこと。予選が終わったのが11時頃だったからです。

その間に、「ポケモン不思議のダンジョン」の予約なり、一番くじなりの用事を終わらせる・・・

ホントは「ポケモン不思議のダンジョン」の試遊もしてみたかったんですけれど、待ち時間は既に2時間とか、3時間とか・・・∑( ̄□ ̄;待ってたら本戦終わっちゃうっつーの!



まぁここで、ちょいとした時間を潰すために、またさっきみたいにフリーの対戦相手が見つからないかなーと募集かけたりとかもしてましたが、皆なかなか忙しそう・・・。周りを見ると、仲間ウチで固まってる方々が殆どです。



・・・こんなとき、一人ぼっちが身に染みるぜ・・・・゚・(ノД`)・゚・。




しかし、集合時間の15分前(11時30分)には、既に集まり始めていた本戦出場者たち・・・皆、気が早いぜ(´∀`)

そんなこと言いながら、私こそ列の前から2番目に並んでたわけですが・・・(もう、すぐバトル始まんじゃん?;)。



というわけで、いよいよ本戦の幕開けでした。



>>第五章

※お詫び:
肝心の第五章ですが、これだけバックアップが無かったため、連載は今回を以って終了となります・・・ゴメンナサイm(_ _;)m
スポンサーサイト
テーマ:ポケモン - ジャンル:ゲーム | ポケモンバトル | コメント(0) | page top↑
<<ゴマゾウたん。 | ホーム | ポケモンリーグレポート③>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。